ほくろ治療の注意点

女性

注意しておくこと

ほくろ治療は、美容外科や皮膚科で受けることができます。治療を受ける際に注意しておきたいことが、取り除ける個数が決まっているかという点です。美容外科や皮膚科によっては、一度の治療で取り除けるほくろの個数が決まっている場合があります。そのため、数回に分けて治療を受ける可能性があるということも理解しておきましょう。まずはカウンセリングで治療回数を確認してみてください。もし複数回の治療が必要であれば、治療を受ける美容外科・皮膚科選びにも注意してください。アクセスがしづらいところであれば、通院するのが負担になってしまうと考えられます。なるべく駅から近い場所や、自宅から近い場所にある美容外科や皮膚科を選ぶようにしましょう。
次は、治療に使用している機器に注目してみてください。レーザー治療を受ける際は、最新の機器を使用しているかどうかによっても仕上がりに差が出ます。もちろん医師の技術力も必要ですが、新しい専用機器を使用しているかどうかという点もチェックしておくと良いでしょう。次に、施術後の行動制限があるかという点を確認してください。切開法の治療を受けたときは、湯船に浸かるのは翌日からしかできません。そのため、治療を受けるスケジュールを調整する必要が出てきます。仕事やプライベートの予定に支障がないように、治療を受ける日を調整しておきましょう。

治療後のケア

ほくろ治療を受けた後は、処方された軟膏や専用のテープで治療箇所を保護します。医師から指導があった期間は、治療箇所をそのまま保護してください。美容外科や皮膚科によっては、内服薬が処方される場合もあるので、そのときはきちんと飲むようにしましょう。また、出血を防ぐために激しい運動や飲酒も控えるようにしてください。医師からテープを取ってもいいと許可が下りたら、治療箇所にもメイクをすることができます。傷跡が気になる場合は、コンシーラーやファンデーションでカバーする方法もあります。もし治療箇所にメイクをするのが心配という方は、治療箇所以外のメイクだけにして、マスクや眼鏡で隠すという方法も良いでしょう。ほかにも、治療後はほくろの原因となる紫外線対策も必要不可欠です。治療箇所にも日焼け止めクリームを塗るようにして、再発しないように意識することが大事です。自分でできるケアを続けることで、治療箇所の傷跡が目立たなくなるだけでなく、ほくろの再発を防ぐことができます。医師の指導を仰ぎ、こまめにケアしていきましょう。