異なるダウンタイム

医者

ダウンタイムを守ろう

ダウンタイムとは、治療後から日常生活に戻れるまでの期間のことを指します。ほくろ治療の場合も、このダウンタイムが存在するので、確認しておきましょう。まず切開法の場合ですが、治療後から1週間が経てば抜糸をしてもらえます。ただし、傷が広がらないようにするために、しばらく専用のテープで固定する必要があります。傷跡が残らないようにするためにも、赤みが残っている間はテープを使用するようにしましょう。顔のほくろを除去した場合、メイクや洗顔は施術当日から可能ですが、治療した箇所は避けるようにしてください。また、シャワーは当日から、湯船に浸かるのは翌日から可能ですが、こちらも治療した箇所は濡らさないようにしましょう。特に抜糸が終わるまでは、こするなどの刺激を与えないように注意してください。
レーザー治療の場合は、数日ほど赤みが残ったり、内出血が現れたりする場合があります。また、治療後に皮膚が再生されるためかゆみが出ることもありますが、掻かずにそのままにしておいてください。我慢できないときは、濡らさないように注意しながら冷やすと良いでしょう。切開法と同様、治療箇所以外のメイク、洗顔やシャワー、湯船に浸かるのも当日からできます。ただし、治療箇所には触れないようにしてください。また、治療後に専用のテープを貼りますが、10日ほどはそのままにしておいてください。もし剥がれてしまった場合は、軟膏を塗り直し、新しくテープを貼りましょう。傷跡が残らないように、そして痛みが出ないようにするためにも、ダウンタイムの過ごし方をきちんと守ることが重要です。治療箇所の状態によっては、期間が前後する場合もありますので、そのときは医師の指示に従ってください。

紫外線を避ける

切開法・レーザー治療のどちらも、治療後は紫外線を避ける必要があります。ほくろを取り除いた後、紫外線の刺激を受けないようにするために日焼け止めクリームを塗るようにしてください。レーザー治療の場合、治療から10日ほどでかさぶたが取れます。その後は外出するときに日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。およそ3ヶ月間は塗るようにしてください。夏に治療を受けた場合は、日焼け止めクリームを塗るだけでなく、帽子や日傘も一緒に活用しましょう。手足のほくろを治療してもらった場合は、なるべく肌を出さないようにして、UVカット仕様の服を着用すると良いでしょう。またほくろが再発しないようにするためにも、紫外線対策は必須です。