ほくろの治療方法

医者

最近では、切開法以外にもほくろの治療方法は増えてきました。メスや電気メスを使用した切開法、または専用のレーザー機器を使用した治療を受けることができます。ほくろの状態によって適した治療法が違うので、まずは医師の診断を受けてください。

詳しく見る

異なるダウンタイム

医者

ほくろの治療方法によって、ダウンタイムも少し変わります。メイクや洗顔、入浴は治療後いつから可能なのか確認しておきましょう。なるべく治療箇所は濡らさず、そしてこするなど刺激を与えないようにすることが大切です。

詳しく見る

口コミを活用しよう

看護師

ほくろを取り除きたいけど、治療に不安がある場合は口コミサイトをチェックしてみてください。実際にほくろ治療を受けた方の本音の声を見ることができます。どの治療法を受けたか、痛みはあったか、傷跡はどれぐらい残ったかなどの声も参考になります。

詳しく見る

注目したいメリット

看護婦

良性のほくろであれば、治療で取り除く必要はありません。しかし、ほくろがコンプレックスなら治療で悩みも一緒に解消することができます。ほかにも、ほくろ治療で得られるメリット・デメリットに注目してみましょう。

詳しく見る

ほくろ治療の注意点

女性

ほくろ治療を受ける際には、いくつか注意点があります。治療で取り除ける個数が決まっていたり、アフターケアをこまめにやらないといけなかったりと、何に注意すべきか事前に確認しておきましょう。

詳しく見る

ほくろの種類と原因

カウンセリング

ほくろにも種類がある

ほくろは顔や身体のあちこちに出てきますが、場所によっては気になってしまうこともあります。もし取り除きたいという場合には、美容外科や皮膚科で治療してもらうことができます。ほくろにはいくつか種類があり、通常のものから盛り上がったほくろ、青っぽい色の青色母斑、色素細胞母斑に分けられます。ほくろができる原因は、主に紫外線か遺伝のどちらかに分けられます。紫外線を浴びることによってメラニンの働きが活発になり、ほくろへと変化していきます。ほくろを増やさないための対策は、紫外線を避けることが一番だと言えます。基本的にほくろは害がないので取り除く必要はありませんが、悪性のものだと話は別です。なるべく早く治療してもらうようにしましょう。
ほくろの細胞ががん化するとメラノーマとなります。メラノーマは転移も早いと言われているため、早めに治療を受けなければなりません。自分のほくろが良性か悪性かわからないという方は、まずは色に注目してみてください。悪性の場合、良性のほくろと違って色にムラがあります。また、形も円形ではなくいびつな形をしているところが特徴です。また、メラノーマは手足以外に爪にもできることがあるので、普段から爪を切る際に確認する癖をつけておくと良いでしょう。自分での判断が難しい場合は、医師に診てもらうようにしてください。メラノーマであっても、初期の段階であれば完治しやすくなります。ほくろの種類によって適した治療法も変わってくるので、一度医師に診てもらい、治療法を提案してもらいましょう。

大きさには注意

気になるほくろがある場合には、大きさのチェックも忘れてはいけません。もし急に大きくなったほくろがあれば、メラノーマの可能性も高いです。顔にほくろがある場合は鏡をチェックし、手足にある場合は入浴時や着替えのときにチェックする習慣をつけましょう。良性のほくろの場合でも、紫外線等の刺激を受けると大きくなってしまうことがあります。それを避けるためには、普段から紫外線対策をするようにしましょう。また、ほくろを触ってしまう癖がある方も要注意です。触るだけでも刺激を受けるので、ほくろが大きくなってしまうことがあります。そうなると余計に見た目も気になってしまうので、普段から刺激しないように注意してください。